[記事公開日]2017/11/20

ふっくら肌になるには角質層と真皮を育てるスキンケアが必要

この記事は3分で読めます

 

額に手を当てる女性

 

 

元エステティシャン、現在はスキンカウンセラーとして活動している中で、お客様にとてもよく聞かれることがあります。

 


「女優さんってなんであんなにいつまでも若くてきれいなの?」

 


それは、真皮と角質層がふっくらしているからなんです。
正直に言えば、中には定期的にヒアルロン酸やボトックスでちょっとしたドーピングをされている方もいると思いますが、そんな大げさなことをしなくても、ちょっとしたケアでふっくらした肌を保つことはできます。

 


外側からのケア、内側からのケア、どちらもいくつかのコツがあります。
角質層と真皮をふっくら若く保って毛穴もシワも消してしまうスキンケアをのコツをご紹介します!

 

 

 

ふっくら肌になるには、角質層を厚く育てよ!

 


肌は三層構造でできています。
一番内側が真皮層、次が表皮層、そして一番外側にあるのが角質層です。

 


角質層は、外側からのダメージを防ぐ最前線のため、とっても傷つきやすい層でもあり、表面なので、はがれたり薄くなると目立つ部分でもあります。

 


角質層は大体0.01~0.04mm程度の厚さだと言われています。
とても薄い層ですが、この層が約14日間かけてターンオーバーするんです。
一度すべての角質層を失ってしまうと、また元通りになるまでに2週間かかってしまうということですね。

 


角質層が全くない状態になると、表皮がむき出しになり、炎症や感染を起こしやすくなります。
見た目にもビニール肌と呼ばれる全くキメのない状態になったり、アトピー性皮膚炎のような独特の赤みが出たりします。

 


これほど極端な状態ではなくても、角質層が薄いと、真皮や表皮のアラが目立ちます。
これはほうれい線やシワ、たるみ毛穴が目立つ一因でもあります。
角質層が薄くなる原因は、層自体が少ない場合と、角質層に含まれる水分や油分が少ない場合があります。

 

 

 

ふっくら角質層の作り方

 


およそ0.02mmという薄さの角質層は、乾燥や物理刺激などによって簡単に剥がれてしまいます。
それというのも、角質層は死んだ表皮細胞である角質を、細胞内にあった油分と水分が貼り付け合って肌表面にとどまっているからなんです。

 


この油分というのが、セラミドを主成分とする細胞間脂質で、細胞間脂質の保水力によって、角質層内の水分が保たれています。

 


ところが、この細胞間脂質は、肌にトラブルが起こるとうまく作られなくなることがわかっています。
細胞間脂質が足りない角質層は厚みもなく、刺激に弱く、最終的には白っぽく粉を拭いてシワシワになってしまいます。

 


これを防ぐには、抗炎症成分配合やセラミド配合の化粧品を使った日常的なスキンケアが有効です。

→参考

【抗炎症成分配合の化粧品】あらゆる毛穴悩みの基本となるケア

【保湿化粧品】セラミドで大人ニキビや毛穴のたるみを改善!

 


もちろん、こすったり、強力な界面活性剤を使ったケアで物理的に角質層を傷めてしまうのもNG
角質層は表皮や真皮の状態を守る砦でもあるので、しっかりと保護するようにしましょう。

→参考

【石油系界面活性剤配合の化粧品】毛穴悩みを加速させる原因

 

 

ふっくら肌になるには、真皮を厚く育てよ!

 


毛穴を目立たなくしたい、凹凸のある肌をつるんとキレイに見せたいなら、真皮をふっくらさせるのが一番手っ取り早い方法です。

 


年齢を経た女性は、多少ふっくらしている方が若く見えるというのと同じ理屈ですね。
もちろんシワやほうれい線、マリオネットラインなども目立たなくなります。

 


若い頃は、ニキビや毛穴の黒ずみという表面的な悩みにとらわれがちですが、30歳を超えたらインナーケアに比重を置き換える必要があります。

 


30歳を超えた女優さんが、一度は萎んだ印象になったのに、40代になってその頃よりハリツヤのある肌を取り戻しているのは、ケアの仕方を完全に変えているからです。

 


手っ取り早くケアしたい人は、真皮の主成分であるコラーゲンを注射してしまいます。
ただ、この方法は持続的ではなく、定期的に一定量のコラーゲンを注射する必要があります。

 

 

 

ふっくら真皮になれるおすすめスキンケア

超音波治療器

 


真皮は化粧品によるスキンケアではふっくら感を保つことが難しい部分です。
それだけに、ケアをしていると、一気に周りと差をつけることのできる部分でもあるんですよ。

 


肌悩みを相談してくださるお客様は、ほとんどがピンポイントの悩みを持ってこられます。
目尻のシワが気になる、首元・手元に年齢が出る、毛穴がたるんで広がっているけど、もしかしたらニキビ跡のクレーターかもしれない・・・。

 


そんなお悩みに対して、「表面のケアは維持に徹して、真皮を徹底的にケアしてふっくら肌になるにはどうしたらいいか考えましょう」と提案させていただくと、1年後にはほとんどと言って良いほど満足したというお声を聞くことができるんです。

 


その提案内容の基本は、エステなどで赤色か白色のLED施術を受けること、自宅では日常的に超音波美顔器でのケアを行うことです。

→参考

(【エステの光施術】コラーゲン産生を増やして毛穴ふっくら!)

【超音波美顔器】毛穴の広がりやたるみにてきめんに効くケア


どちらも高額になりそうで尻込みする人も多いとは思いますが、今は思ったより気軽な価格になっています。
ローリスクハイリターンの方法なので、どちらかだけでも試してみてくださいね。

 

 

関連記事

  1. 個室
  2. エステ
  3. ニキビ
  4. 塗り薬

毛穴汚れすっきり洗浄はここが良い

ファーストフェイシャル

 

毛穴に悩まない「キレイになりたい」に応える

エステティックTBC

 

酷かったニキビがどんどん減っちゃう♪

エステ 東京

このサイトについて

 

このサイトについて

自分自身、見たこともない

最高の肌を実現するための

情報をお届けします!

 

プロフィールはこちら

肌ナチュール リッチモイストクレンジングでのメイクの落とし方

濡れた手でも使用することができて

入浴の際にメイク落としが可能!!

1本あるとかなり重宝する商品です。

詳細はこちら>>

 

step1 クレイウォッシュ動画洗うたびにキメの整った肌へ

クレイウォッシュ>>

 

 

step2 10-YBローション動画うるおいと弾力を与え、

たるんだ肌にハリを与える

10-YBローション>>

 

 

step3 Cセラム動画酸化を防いで、内側から引き締める

Cセラム>>

 

 

step4 QuSomeモイスチャーゲルクリーム動画保湿で肌を守り、

長時間うるおいが続く

QuSomeモイスチャーゲルクリーム>>

 

 

カテゴリー