[記事公開日]2017/10/01
[最終更新日]2017/10/08

【あぶらとり紙】思春期ニキビに効果的な使い方とNG使用法

この記事は3分で読めます

あぶらとり紙

思春期ニキビは女性ホルモンが急激に増加することによって、分泌のバランスがうまく取れなくなり、皮脂が過剰になることでできるニキビです。

 


この頃の女性ホルモンは、何らかのケアによって全くトラブルが起こらないというほどうまく分泌されるようになるということはないので、嵐のようなその肌状態と、ニキビを繰り返さない程度にうまく付き合っていく必要があります。

 


その対処療法の方法は、コントロールを失った皮脂の分泌を抑えることと、過剰に分泌された皮脂を押さえることの2つがあります。

 


分泌された皮脂をこまめにケアする方法として有効なのが、あぶらとり紙です。
最近では「あぶらとり紙は使わない方が良い」という論調もありますが、それにも理由があり、どんな肌でも使わない方が良いということではありません。

 


あぶらとり紙で効果的にケアする方法と、NGな使用法や肌質はどんなものなのでしょうか。

 

 

 

あぶらとり紙での皮脂・ニキビケアの方法

皮脂ケア

 


近年、あぶらとり紙は使わない方が良いという論調があります。
確かにあぶらとり紙には使わない方が良い場合があります。

・大人ニキビがある
・30代以降に入って脂性肌になった
・体の皮膚は乾燥しているのに、顔だけは脂性肌

このような症状の時は、皮脂を取ることによって目には見えていない乾燥(インナードライ)が進んで、症状が悪化してしまうことがあります。

 

 

思春期ニキビの場合、皮脂の分泌過剰が原因でできたニキビがさらなる炎症を呼び、サイクルとなることが多いので、まずは対処療法から始めることが効果的です。

 


あぶらとり紙は思春期ニキビにはぴったりのアイテムなんですよ。

 

 

 

あぶらとり紙がニキビの刺激になるNG使用法

 

 


あぶらとり紙は思春期ニキビケアの良きサポート役になりますが、それも使い方を間違うと悪化させてしまうことになります。


思春期ニキビは、顔中ところかまわず噴き出すことが特徴ですが、それだけ顔中皮脂が分泌され、敏感になっているということです。

 


ですから、あぶらとり紙を使う時は絶対に肌の上を滑らせるような動きはしないでください。
また、ぎゅっと抑えたり、たたいたりするのもNGです。

 


よく取れるのであぶらとり紙が皮脂で満たされるまで徹底的に取ろうとしてしまう気持ちもわかりますが、1枚につき10回、顔をまんべんなくそっと抑えたらおしまいにしましょう。

 

 

 

あぶらとり紙のニキビに効果的な使い方

ニキビ

 


実は元々化粧用品ではなかったあぶらとり紙。
金箔を挟んで薄く伸ばす過程で使われていた工業用の紙なんです。

 


圧力をかけたときに出る油脂を吸い上げて金箔の乾燥を保つことから、メイクのノリを長時間保つ必要のある舞妓さんや芸妓さんが使い始めたのがきっかけで、スキンケアに使われ始めたんだとか。

 


その用途からもわかる通り、あぶらとり紙はとてもよく油を吸着します。
ですから、使う頻度とタイミングに気を付けて使う必要があるんです。

 

 

 

あぶらとりがみを使うタイミング

 

 


皮脂が出やすい思春期や脂性肌の人は、あぶらとり紙を頻繁に使うこともあると思いますが、それもNGです。


あぶらとり紙は1日1~3枚程度、メイクの前、昼食の前後、夕方のメイク直し時で十分です。
3枚では多い方で、できれば1,2枚に抑えましょう。


それと言うのも先ほどお話しした通り、ニキビができている肌は、ごく細いはずの髪の毛にさえも反応して炎症を起こす状態になっています。
そのため、あぶらとり紙を使う時の刺激をできるだけ避けたいからです。

かといって、皮脂がたまって酸化すると、アクネ菌が爆発的に増え、その刺激にも耐えられません。


その日の皮脂の状態にも気を付けて判断してくださいね。

 

 

 

あぶらとり紙の種類・・・ニキビに効果的なものも!

 

 


あまり知られていないかもしれませんが、あぶらとり紙には種類があります。
実際に金箔打ちに使われていたものはふるや紙と言って、和紙の繊維を何度も叩いて潰したもので、あぶらとり紙の中でも高い皮脂吸着力を持っています。


ただ、ふるや紙はその製法から、量産が難しいため、同じ製法を機械で行って作る金箔打紙製法のあぶらとり紙が根付きました。
あぶらとり紙で有名な京都の老舗よーじやのあぶらとり紙も、この金箔打紙製法でできています。


その他のものは紙自体が和紙ではなかったり、製法が違う、化学薬品を使ったフィルムであるなど、効果が薄かったり、ニキビのある肌には好ましくないものだったりします。

 

 

 

いろんなタイプのあぶらとり紙

ニキビを気にする女性

 


こちらもあまり知られていませんが、あぶらとり紙にはいろんな美肌成分が配合されているものがあります。


よくあるものでは、コラーゲン、シルク、アロエ、シソなど、天然成分が多いようですね。
その中でもシソやアロエは抗炎症効果があるとされていて、アロエは火傷や手荒れの薬として、紫蘇は紫雲膏と言う肌荒れの万能薬である漢方の生薬としてとても有名です。


思春期ニキビは対処療法によって炎症のサイクルを止められる確率が高いので、皮脂の分泌過剰と炎症の両方に一度に対処してくれる、抗炎症成分配合のあぶらとり紙はぴったりのアイテムではないでしょうか。

 

 

関連記事

  1. アクポレスの購入商品
  2. 超音波美顔器を使って毛穴を洗浄
  3. エステ
  4. ピーリングジェルをニキビ肌の悩みに

エステ 東京

このサイトについて

 

このサイトについて

自分自身、見たこともない

最高の肌を実現するための

情報をお届けします!

 

プロフィールはこちら

肌ナチュール リッチモイストクレンジングでのメイクの落とし方

濡れた手でも使用することができて

入浴の際にメイク落としが可能!!

1本あるとかなり重宝する商品です。

詳細はこちら>>

 

step1 クレイウォッシュ動画洗うたびにキメの整った肌へ

クレイウォッシュ>>

 

 

step2 10-YBローション動画うるおいと弾力を与え、

たるんだ肌にハリを与える

10-YBローション>>

 

 

step3 Cセラム動画酸化を防いで、内側から引き締める

Cセラム>>

 

 

step4 QuSomeモイスチャーゲルクリーム動画保湿で肌を守り、

長時間うるおいが続く

QuSomeモイスチャーゲルクリーム>>

 

 

カテゴリー