[記事公開日]2017/09/29

【美顔器で毛穴を吸引】思春期ニキビや毛穴汚れのスキンケア

この記事は8分で読めます

エステ
女性ホルモンバランスの崩れによって皮脂が多く分泌されてしまう思春期ニキビや、過剰に分泌された皮脂が剥がれた角質と混ざり合って毛穴に詰まり酸化する毛穴汚れ。

 


このような症状には、単純に皮脂をクリアするというケアも有効です。

 


何年か前には、思春期ニキビや黒く詰まった毛穴に対して、とにかくこまめに洗顔する、毛穴パックをするなどのスキンケアが推奨されていましたが、現在では他の部分の肌に負担をかけすぎるため、あまり好まれていません。

 


顔全体の肌に優しく、毛穴の負担になりにくいのは、スポットクリアタイプの美顔器でケアすることです。

 


思春期ニキビや毛穴汚れへのスポットクリア美顔器の働きとはどのようなものなのでしょうか。

 

 

 

スポットクリア美顔器の毛穴洗浄や吸引の能力ってどんなもの?

ニキビ

 

 

毛穴に詰まった皮脂や角栓の洗浄・吸引に特化した美顔器、スポットクリア美顔器には主に、アルカリ洗浄水によって毛穴を直接洗うタイプと、吸引力で毛穴汚れを吸い出すタイプの2種類があります。

 

 

 

毛穴の汚れを吸引するスポットクリア美顔器の働き

 

 

 

先端に吸引ノズルが付いていて、わかりやすく言えば、掃除機のように毛穴の汚れを吸引します。

 


効果としては、皮脂の過剰を改善するというよりは、今詰まっていて見苦しい毛穴汚れや角栓を取り除くというものです。
ニキビの原因であるアクネ菌の大好物である角栓が取り除かれることで、結果的にニキビを押さえてくれる効果もあります。

 


入浴やホットタオルで毛穴を広げ、皮脂を柔らかくしてから、美顔器を当てて吸い出します。

 


美顔器の持つ性能やノズルの形状、電源などによっても吸引力に大きな差があるので、慎重に選ぶ必要があります。
極端に安いものはおもちゃのようなものだと思っておいた方が良いかもしれません。

 


吸い出し口が大きいものは吸引力が低く、カッピングやタッピングなど、他の機能が付いているものにも角栓を吸い出すほどの吸引力はないことが多いようです。

 

 

 

アルカリ洗浄タイプの美顔器の働き

 

 

 

メイクは完成する前に崩れ始める、夏は会社や学校に付く前にファンデーションが溶け出している・・・。
そんな強力な脂性肌で、角栓も指やピンセットで押し出さなければ除去できないというくらい悩みの深い人は、吸引タイプよりもアルカリ洗浄タイプのスポットクリア美顔器がおすすめです。

 


「そんなに強力な美顔器は、逆に肌を傷めるんじゃないの?」と心配になるかもしれませんが、大丈夫です。

 


このタイプの美顔器は強い力で吸引したり、強力な水流で毛穴を掻き出すものではありません。
少し難しい理科の話になりますが、アルカリ洗浄タイプの美顔器に使われるアルカリ洗浄水について、その仕組みをご説明しますね。

 

 

 

スポットクリア美顔器に使われているアルカリ洗浄水の働きとは

アルカリ剤

 

 

「弱酸性のせっけん」というフレーズを耳にしたことがありませんか?
突然ですが、あれはウソなんです。
せっけんは、どれほど酸性に近くても、弱アルカリ性の性質を持っています。

 


そもそも、弱酸性とかアルカリ性とかも、あんまりよくわからないのが本音だったりしますよね。
ボディソープのOMなどでよく使われる「肌と同じ弱酸性」というのは、水分が持っているイオンの度合いを表しているんです。

 


私たちの肌は、通常、弱酸性です。
そしてせっけんはアルカリ性です。

 


アルカリ性の性質を持つものには、タンパク汚れを分解する力があります。
みなさんもよくご存じのものの中では、せっけんに始まり、重曹、セスキ、炭酸ソーダなどがあります。
みんなお掃除に役立ちそうなものばかりですね。

 


スポットクリア美顔器に使われている毛穴洗浄水というのは、このアルカリ剤に、美肌成分や保湿成分を加えたものです。
重曹水につけておくだけで様々な汚れが柔らかくなって浮き上がってくるのと同じように、スポットクリア美顔器のアルカリ洗浄水にもこびりついて酸化した角栓をはがして浮かせる力があるんです。

 


そのアルカリ洗浄水を、毛穴にピンポイントで届けるのがアルカリ洗浄タイプのスポットクリア美顔器です。

 


さすがにエステの毛穴洗浄レベルとはいきませんが、自宅でできる角栓汚れや皮脂詰まりのケアとしては最高レベルの効果があります。

 

 

 

美顔器を使わず毛穴の洗浄や吸引をするのはNG?

ニキビを気にする女性

 

 

これまでに経験済みという方もおられるかもしれませんが、毛穴に詰まった角栓や手ごわい皮脂をつまんだりピンセットで押し出したりするセルフケアには、肌の悩みをより深刻にする危険性が潜んでいます。

 

 

 

NG理由その1.色素沈着が起こるから

 

 


まず、角栓や頑固な皮脂がたまりやすい部位というのは大体いつも決まっていませんか?
その決まった場所に、指やピンセットで頻繁なダメージを与えることによって、肌はその部位を「頻繁にダメージを受ける部位である」と認識してメラニンを合成します。

 


これは、ヒジやヒザなどのダメージを受けやすい部分や、下着のこすれる部分が黒ずんでくるのと同じ理論です。

 

 

 

NG理由その2.毛細血管が発達&切れるから

 

 


また、毛細血管が発達することによって、肌表面が赤くなってしまうこともよくあることです。
肌表面の毛細血管はとても細いので切れやすくなっています。

 


この毛細血管は、肌がダメージを受けたときに、そのダメージを修復する白血球を運ぶために発達するものなんですが、指やピンセットで毛穴汚れを押し出すという作業は、毛細血管を発達させた上で切断するということを繰り返しているに他ならないということになります。

 


毛細血管が切れて内出血のような状態になっても、それが肌のごく表面で起こればすぐに排出されますが、真皮を傷つけるほど深くで起こってしまった場合、跡が残ります。

 

 

 

NG理由その3.開いた毛穴が戻らなくなるから

 

 


毛穴の黒ずみの見えている部分というのは、角栓を抜いたことのある人ならわかると思いますが、実は角栓汚れのごく一部です。

 


毛穴の内部には毛穴の直径よりも大きなサイズの汚れが詰まっていて、それを無理に押し出すことによって、毛穴の皮膚には大きな負担がかかります。

 


通常であれば、毛穴汚れが連れた後の毛穴は元のサイズに縮んで目立たなくなりますが、それは肌が弾力と水分をきちんと保持している場合です。

 


炎症を起こしている部分の肌は、肌内部から生まれる保湿成分である細胞間脂質や天然保湿成分を作る酵素が働きにくくなります。

 


また、何度もダメージを受けた肌は、毛細血管の進路を確保するために、コラーゲンやエラスチンなど、肌の弾力を支える線維が断ち切られてしまうんです。

 


その結果、毛穴はだんだん開きっぱなしになって、クレーターのような肌の凹凸となってしまうことに…。

 

 

 

美顔器なしで毛穴洗浄・吸引をしたい場合はどうしたらいいの?

ココナッツオイル

 

 

自宅での毛穴ケアはオリーブオイルやココナッツオイルなどを使ったホットタオルでのケアがおすすめです。

やり方は


1.毛穴の気になる部分にオイルをたっぷり塗る
2.力を入れずに汚れになじませるようにマッサージ
3.ホットタオルで数分蒸す
4.ホットタオルで汚れの気になる部分をさっと優しくふき取る
5.乳液やクリームなどで保湿する

 

また、美顔器を使わずに自宅で毛穴ケアをする場合、絶大な効果は期待しないことが一番です。
毛穴パックやオロナインパックなど、これまでにも多くの民間療法的な毛穴ケアが提唱されてきましたが、それで満足している人はいないと思います。

 


実際に、私のお客様の中には、毛穴パックで小鼻周辺の毛細血管が発達し、真っ赤になってしまった人、オロナインパックを試してみたけど全く効果がなく、結局エステでのケアを選択された方など、セルフケアに失敗された方が多くおられました。

 


お客様の声で多かったのが、「セルフケアで状態が悪化した」というものです。
先ほどの項目で脅すようなことを書きましたが、実はセルフケアも、よっぽど毎日肌を触ったり、傷が付くのもかまわず強く押し出したりを繰り返さなければ、見る間に悪化するということはありません。

 


ところが、皆さん声をそろえてやってしまったことを後悔されるんです。
これは私にも心当たりがあって、毛穴の汚れが気になってしまうと、黒ずんだ毛穴で出歩くのが耐えられないくらい恥ずかしく、それくらいなら傷がついている方がいい、と思ってしまうんですよね。

 


先ほども言ったように、セルフケアも度を越えなければ元の肌を取り戻すことができます。
ただ、いったんシミになってしまったり、凹凸にまでなってしまうと、毛穴汚れとは比較にならないくらい回復までに時間がかかること、プロの手が必要になることへの覚悟が必須になってきます。

 


自宅で手軽に、安価にケアしようと思い、結局膨大な時間と手間がかかることになる可能性は高いので、やっぱり最初からある程度のコストは覚悟しておいた方が良いかもしれませんね。

 

 

 

スポットクリア美顔器で毛穴を洗浄・吸引するメリットデメリット

 

 

 

毛穴のセルフケアに危険性があるように、美顔器でのケアにもメリットとデメリットがあります。
それぞれどんなことが考えられるのか、経験談も交えてご紹介します。

 

 

 

美顔器で毛穴ケアをするメリット

美肌女性

 


【手間がかからない】

美顔器は一度購入してしまえば、壊れるまでどこかに通ったりメンテナンスに出す手間がかかることはありません。
クリニックやエステのように通う必要もなく、入浴中に使える充電式・防水タイプなら、オイルでのセルフケアよりもさらに手軽です。

 

 

【クリニックやエステに比べてコストが低い】

エステでの毛穴洗浄が1回1万円を超えることは最近では少なくなっていますが、それでも初回の体験などでない限り、3,000円ということはないでしょう。
クリニックでの毛穴洗浄はもっと高価で、1回1万円を下回ることはまずありません。

 


アルカリ洗浄タイプの美顔器は吸引タイプの美顔器よりも高価で、定期的に洗浄水を購入する必要がありますが、それでも美顔器本体は高くても2万円程度、洗浄水が3,000~4,000円以下に収まります。

 

 

【セルフケアとは段違いの効果】

美顔器の一番のメリットは、はっきりと目に見える効果が叶うという点です。
角栓のないきれいな毛穴を、肌に負担なく叶えられるのは何よりのメリットですよね。

 

 

 

美顔器で毛穴ケアをするデメリット

悩む女性

 

 

【選び方がわからない】

美顔器を選ぶのは自分自身ですから、たくさんある中からどう選んでいいかわからないという問題が出てきます。
情報を集めるにも、何を基準にすれば良いかわからず、口コミを頼りにしたところ、肌質が合わなかった、などという問題が起こり得ることも考えられます。

 

 

【思ったより面倒だった】

美顔器でのケアが続かないというのは、もはやどんな美顔器にも共通の問題になっています。
これは、習慣化できるかできないかにかかっているので、絶大な効果をうたうものよりも、まず続けやすいと思えるものを選ぶ必要がありそうです。

 

 

【思ったより効果がなかった】

覚えておいてほしいのは、美顔器は美容機器と言えど、セルフケアの一環であるということです。
私たちのような美容のプロや、医師や看護師など医療関係者が使う機器とは違い、美容機器に何の知識もない人が使っても、危険が起こらないように配慮されている物なんです。

 

 

当然、効果もクリニックやエステ並みとはいきません。
常識をはるかに超えるような期待はしない方が良いでしょう。

 

 

 

美顔器を使っていたor美顔器とエステを併用していたお客様の経験談

 

 

 

エステで毛穴洗浄のコースを取っているお客様の中には、過去に美顔器を使っていた方、美顔器でのホームケアとエステの洗浄コースを併用している方が多くおられます。

 


そんな美美容経験豊富で美意識の高いお客様が教えてくれた美顔器体験談をお話ししたいと思います。

 

 

 

美顔器を使っていて良かったこと

 

 


「今は美顔器って言っても、数万円で買えるからいいわよね。昔は50万円もした美顔器、今では同じ機能のものが3万円で売ってるでしょう」

「子供を産んでからとんでもないオイリー肌になったから、月1のエステでは間に合わない。美顔器を買ってから、生理前に照準を絞ってケアできるからニキビが減ったのよ」

「毛穴が汚れで膨らむくらい汚かったのに、美顔器を使い始めてからは毛穴汚れの存在を忘れるくらい減った。うっかり肌質が変わったような気がして使うのをやめると、数日のうちには黒くなるけど(笑)」

 

 

 

美顔器のイマイチだと思った点

 

 

 

「エステの洗浄が自宅でできればと思って買ったけど、さすがにエステに通ってると物足りなくて仕方ない」

「表に見えてる毛穴の汚れを根こそぎ取り払ってやりたかったんだけど、そこまではできなかった。中途半端な効果は望んでなくて、人形みたいに毛穴ひとつない肌になりたいから」

「面倒で、結局やらなくなっちゃう。美香ちゃんに教えてもらったホットタオルも続かなかったし、極度のめんどくさがりには向いてないかも」

 

 

 

美顔器での毛穴吸引のメリットデメリットまとめ

 

 


自宅でのケアは、何を選ぶにしても「過剰な期待をしない」ということは一番のポイントです。
翌日全くの毛穴レス美肌になるというのは、数万円のコストでは不可能です。

 


でも、正しくコツコツ続けていれば化粧品でのスキンケアよりも早く結果が出てくれることは確かです。
続かないという人も多いですが、化粧品でのスキンケアが毎日続いているなら、極度のめんどくさがりというのは当てはまりません。

 


美顔器は選び方で決まると言っても過言ではないんですよ。

 

 

 

美顔器を選ぶ時に気を付けたいポイント

頬に両手を当てる女性

 

 

面倒でどうしても続かない…という人が美顔器を選ぶ時に気を付けてほしい点は以下の4つ。

 

1.重さ
2.防水性
3.電源

 

重さはどんな美顔器を選ぶ時にも頭の片隅に入れておきたいポイントですが、防水性は割と忘れがちな点です。

 


吸引タイプの美顔器は、事前に毛穴が広がっていて、皮脂が熱によって柔らかくなっている状態が最も効果的です。
完全防水の美顔器なら、自然に毛穴が広がり、皮脂が柔らかくなっている入浴中に使うことができるので、続ける上でとても便利です。

 


同じ理由で、電源も充電式か、充電と電池の両方が使えるものが良いでしょう。

 


ホットタオルでのセルフケアが続かないという人は、吸引タイプを選ぶ時にはこの3点を絶対に外さないようにしましょう!

 


また、アルカリ洗浄タイプの美顔器の場合、アルカリ洗浄水が皮脂を分解してくれるので、事前準備なしでもすっきりと皮脂がクリアできるため、めんどくさがり屋を自覚している人にも続けやすいのではないでしょうか。

 


ちなみに、毛穴ケア効果は当然毛穴ケア専用の美顔器が最も強く、シワやたるみ取りの美顔器に毛穴ケア用のアタッチメントが付いているタイプのものは、おまけ程度の効果であると考えて間違いありません。
毛穴を重点的にケアしたい場合、毛穴ケア専用の美顔器を選ぶようにしましょう。

 


ニキビや角栓汚れにてきめんの効果を発揮してくれるスポットクリア美顔器。
今では安価で簡単に使えるライトなものも増えているので、上記のポイントを押さえて、上手に毛穴ケアに取り入れてみてくださいね!

 

 

関連記事

  1. オススメ美顔器
  2. エステナードソニックローズのブログ
  3. 980円リフトアップ美顔器の口コミ
  4. しわ取り美顔器

毛穴汚れすっきり洗浄はここが良い

ファーストフェイシャル

 

毛穴に悩まない「キレイになりたい」に応える

エステティックTBC

 

酷かったニキビがどんどん減っちゃう♪

エステ 東京

このサイトについて

 

このサイトについて

自分自身、見たこともない

最高の肌を実現するための

情報をお届けします!

 

プロフィールはこちら

肌ナチュール リッチモイストクレンジングでのメイクの落とし方

濡れた手でも使用することができて

入浴の際にメイク落としが可能!!

1本あるとかなり重宝する商品です。

詳細はこちら>>

 

step1 クレイウォッシュ動画洗うたびにキメの整った肌へ

クレイウォッシュ>>

 

 

step2 10-YBローション動画うるおいと弾力を与え、

たるんだ肌にハリを与える

10-YBローション>>

 

 

step3 Cセラム動画酸化を防いで、内側から引き締める

Cセラム>>

 

 

step4 QuSomeモイスチャーゲルクリーム動画保湿で肌を守り、

長時間うるおいが続く

QuSomeモイスチャーゲルクリーム>>

 

 

カテゴリー