毛穴洗浄だけじゃない!毛穴の悩み・年齢別厳選スキンケア法

[記事公開日]2017/09/14
[最終更新日]2017/10/20

 

 

毛穴の悩みは美容外科やクリニックでレーザー治療を受けなければ改善は難しい・・・。
そんな情報を耳にしたことがある人は多いでしょう。

 

 

中学生の時から長年、脂性肌や毛穴の汚れ、ニキビ、ニキビ跡や毛穴の開き、たるみと、ほぼ毛穴の悩み全てを網羅する症状と戦ってきました。
私は元エステティシャン、現在は美容ライターとしてさまざまな種類のの毛穴悩みと向き合ってきた美香と申します。

 

 

毛穴の悩みには、悩んでいる本人が思うよりずっと多くの原因があります。
その悩みを解決するために必要なのは、「毛穴悩み」とひとくくりにせず、自分の肌の状態と向き合って、その状態に合ったケアをすること。

 

 

中学生の頃から、プロの施術者という経験を経て、現在に至るまで、私が学んだ毛穴ケアの秘訣をお伝えしたいと思います。

 

 

 

毛穴洗浄がすべてではないことを知ったエステティシャン時代の大失敗

 

 

 

私が初めて毛穴というものの存在を知ったのは、確か小学6年生の時でした。

 


その頃、一番仲のよかった女の子に

「ちゃんと顔洗ってる?鼻の黒ニキビ目立つよ・・・」

と言われたんです。

 


黒ニキビって、何?と、まだ肌トラブル自体をあまり経験したことのなかった私は焦りました。

その子が言った黒ニキビとは、小鼻の角栓汚れでした。

 


角栓の汚れは強めの洗顔を繰り返すことで気にならなくなりましたが、根本的な原因は何一つ改善していないことを、私は理解できていなかったんです。

 

 

私は、人よりも皮脂の分泌が多い脂性肌でした。
そのことを知るのは、中学生になり、顔中に大量のニキビが発生するようになってからです。

 

 

ニキビは高校を卒業する頃まで悪化を続け、最終的には赤ら顔と毛穴の広がりを残して、成人する頃にはほとんど現れなくなりました。

ところが、どうしてそんなことが起こるのか、実際には何もわかっていなかった私は、肌のプロとしてお客様の肌を預かりながら、自分の肌はおろか、お客様の肌までも悪化させてしまうという事件を起こしてしまったんです。

 

 

そのお客様は、私と同じニキビに悩まされていました。
だから私は、ニキビが治った頃に実践していたスキンケアをおすすめしたんです。
それは、とにかく皮脂を押さえて乾燥させ、洗浄力の強い洗顔で毎日毛穴の汚れを落とすという方法です。

 

 

今考えると、なんてことをしてしまったんだろうと後悔しかありません。
40代のその女性にとって、皮脂はなくてはならない大事な毛穴ケア成分だったんです。

 

 

 

多種多様な毛穴悩みとそれぞれにベストな対策方法

 

 

毛穴の悩みは、これまで私が経験してきたものだけでも、それぞれ全く違う原因があります。
ニキビ1つにしても、定期的に毛穴洗浄の必要性があるもの、してはいけないもの、食事や薬が原因となっているものなど、本当に様々です。

 

 

【思春期ニキビ(10代前半~20歳頃)】
急激に分泌量が上がるホルモンバランスの崩れが原因です。
思春期は生理前や妊娠時と同じように、ホルモンの状態を安定させることがとても難しいので、どうしてもニキビができやすいんです。

この年齢は皮脂の分泌自体もとても多くなっているので、皮脂量をコントロールすることで解決することが多いです。

 

→対策例
・硫黄を配合した化粧品

(参考:【硫黄配合化粧品】10代~20代前半までの思春期ニキビ対策に!
・クレイ成分配合の洗顔料

(参考:【クレイ成分化粧品】思春期ニキビ・角栓など皮脂過剰の悩みに
・グリチルリチン酸・カンゾウなど、抗炎症成分配合の化粧品

(参考:【抗炎症成分配合の化粧品】あらゆる毛穴悩みの基本となるケア
・スポットクリア美顔器

(参考:【美顔器で毛穴を吸引】思春期ニキビや毛穴汚れのスキンケア
・エステでの毛穴洗浄や保湿

(参考:【エステでの保湿・毛穴洗浄】ニキビや毛穴の汚れを徹底退治
・あぶら取り紙

(参考:【あぶらとり紙】思春期ニキビに効果的な使い方とNG使用法
・皮脂を押さえる食事・サプリ

(参考:【皮脂を抑えるサプリ】思春期ニキビは内側から止めるが勝ち!

 

 

【大人ニキビ(20代後半~40代)】
思春期ニキビとは逆で、ホルモン分泌が下がってくることが主な原因で、肌の状態も思春期とは大きく違います。
自律神経の不調など、複雑な要因が絡み合って、敏感肌の状態になっていることが多いです。

 

 

皮脂の分泌量は減り、ターンオーバーが遅れがちになる傾向があるので、皮脂を奪いすぎないように、なおかつ毛穴を清潔に保つ必要があり、いくつかのスキンケアを併用することになります。

 

→対策例
・ビタミンA誘導体配合化粧品

(参考:【ビタミンA誘導体化粧品】大人ニキビのターンオーバー遅れに
・セラミドなどの保湿成分配合化粧品

(参考:【保湿化粧品】セラミドで大人ニキビや毛穴のたるみを改善!
・グリチルリチン酸・カンゾウなど、抗炎症成分配合の化粧品

(参考:【抗炎症成分配合の化粧品】あらゆる毛穴悩みの基本となるケア
・超音波美顔器

(参考:【超音波美顔器】大人ニキビの角質ケアに自宅エステ級の効果
・エステでの毛穴洗浄や保湿

(参考:【エステでの保湿・毛穴洗浄】ニキビや毛穴の汚れを徹底退治

 

 

【毛穴汚れ(10代前半~20代)】
前項で私が友人に言われた「黒ニキビ」がこれにあたります。
不潔に見えて悩みが深い毛穴の汚れは、皮脂が毛穴の中の古い角質と混ざり合ってできた角栓が、空気に触れて酸化していることが原因です。

 

 

根本的な原因は皮脂の分泌過剰やターンオーバーの遅れなどです。
皮膚の常在菌バランスが崩れている場合などにも起こるので、食生活や薬を見直すなど、内面からのケアが必要な場合があります。

 

 

→対策例
・クレイ成分配合の洗顔料

(参考:【クレイ成分化粧品】思春期ニキビ・角栓など皮脂過剰の悩みに
・スポットクリア美顔器

(参考:【美顔器で毛穴を吸引】思春期ニキビや毛穴汚れのスキンケア
・エステでの毛穴洗浄や保湿

(参考:【エステでの保湿・毛穴洗浄】ニキビや毛穴の汚れを徹底退治
・抗生物質の塗布・服用中止

(参考:【抗生物質をやめる】肌トラブルを引き起こす毛穴汚れの原因
・石油系界面活性剤配合化粧品を使用しない

(参考:【石油系界面活性剤配合の化粧品】毛穴悩みを加速させる原因
・抗酸化成分配合化粧品

(参考:【抗酸化成分配合化粧品】毛穴汚れ・皮脂の酸化を防止する方法)

 

 

【毛穴の広がり(10代半ば~)】
多くの年代で悩む人が多いパックリ毛穴は、毛穴洗浄では治りません。
毛穴が広がる原因は大きく分けると2つあって、ニキビなど毛穴の炎症によって真皮に傷がついている場合と、単純に毛穴が緩んでいる場合があります。

 

 

毛穴が緩んでいる原因は、炎症やアレルギー、加齢などによって真皮が痩せてしまっていることが挙げられます。

ケアの効果がすぐには現れないのが真皮に傷がついている場合で、これは毛穴が緩む原因である真皮の痩せがピンポイントに起こっているのが原因です。

 

 

よく、この状態になるとレーザーでしか治らないという人がいますが、それは正確ではありません。
真皮は表皮よりターンオーバーが遅く、回復に5年以上かかってしまうんです。
だから、数年単位で真皮の回復に必要なケアを行っていれば、ちゃんとクレーター状の毛穴も治ります。

 

→対策例
・超音波美顔器

(参考:【超音波美顔器】毛穴の広がりやたるみにてきめんに効くケア
・エステでのコラーゲン回復術(光)

(参考:【エステの光施術】コラーゲン産生を増やして毛穴ふっくら!
・グリチルリチン酸・カンゾウなど、抗炎症成分配合の化粧品

(参考:【抗炎症成分配合の化粧品】あらゆる毛穴悩みの基本となるケア

 

 

【毛穴たるみ・しずく型毛穴(30代前半~)】
頬の毛穴が目立つようになり、次第に斜め下方向に向かってたるんでしずく型や無数のチリメンジワのようになってしまうものです。

乾燥と真皮の痩せが原因で、毛穴がこの状態になっている肌は、全体的にたるみが始まっています。

 

→対策例
・セラミドなどの保湿成分配合化粧品

(参考:【保湿化粧品】セラミドで大人ニキビや毛穴のたるみを改善!
・超音波美顔器

(参考:【超音波美顔器】毛穴の広がりやたるみにてきめんに効くケア
・エステでのコラーゲン回復術(光)

(参考:【エステの光施術】コラーゲン産生を増やして毛穴ふっくら!
・グリチルリチン酸・カンゾウなど、抗炎症成分配合の化粧品

(参考:【抗炎症成分配合の化粧品】あらゆる毛穴悩みの基本となるケア

 

 

このように、それぞれの毛穴悩みには、対策法にいくつかの選択肢や、対策法の併用が必要なことがあります。
肌の状態は千差万別ですから、正直なところ、どのケア法がその人にとってベストなのかは、実際に肌を見てみないとはっきりとはわかりません。

 

 

これから少しづつ皆さんの肌状態やぴったりのケア方法が見つかるような情報をお届けしていきたいと思いますので、是非チェックしてくださいね。

 

 

 

それぞれの症状に合った毛穴ケアのメリット・デメリット

スキンケア

 

 

毛穴のケアを自分の毛穴悩みがどの項目に当てはまるのかを見たときに気になるケア方法があると思いますが、それぞれに少なからずメリット・デメリットがあることを覚えておきましょう。

 

 

 

化粧品での毛穴対策のメリットとデメリット

 

 

 

比較的安全性が高く、学生さんや若い人でも手が届きやすい金額で始めることができます。

デメリットとしては、購入や使用法を自分で判断する部分が多く、真逆の効果が出てしまうことも考えられます。

 

 

また、効果がすぐに出るものではないため、結果的にはエステと変わらない金額を費やすことになってしまう場合もあります。

多くが化粧品の使用をやめると元の肌に戻ってしまうこともデメリットの1つではないでしょうか。

 

<金額の目安>
・洗顔料・・・1ヶ月1,000円~
・化粧品・・・1ヶ月3,000円~

 

 

 

美顔器での毛穴対策のメリットとデメリット

 

 

 

昔は50万円、100万円と言われた美顔器も、最近では数万円で手に入れることができます。
こちらも化粧品同様に選ぶ難しさがデメリットです。

 

 

また、超音波美顔器の場合はイオン導入と言って、肌の奥まで化粧品の成分を浸透させます。
そのため、悪い成分を浸透させないように、導入する化粧品を選ぶのにも慎重さが必要です。

 

 

機器を出して充電し、ジェルを塗って・・・など、多少とは言え手間がかかる点で面倒になってしまい、継続が難しいのもデメリットと言えるかもしれません。

 

<金額の目安>
・超音波美顔器・・・3万円~
・スポットクリア美顔器・・・5千円~

 

 

 

サプリメント・食事での毛穴対策のメリットとデメリット

 

 

皮脂の分泌過剰を押さえる必要がある場合などは、内面からのケアも必要になります。
サプリメントや食事改善による毛穴対策はとても健康的で、化粧品と同じく安価で始められるのが魅力です。

 

 

一方で、学生さんなど実家暮らしで、ご飯を作るのが自分ではないという人にとって、食事メニューのコントロールは難しい問題になります。

 


サプリメントも同様ですが、基本的には食事やサプリメントのみの毛穴ケアは改善までの期間が長く、効果も劇的なものではないのがデメリットかもしれません。

 

<金額の目安>
食事改善・・・0円~
サプリメント・・・3,000円~

 

 

 

エステでの毛穴対策のメリットとデメリット

エステの個室

 

 

エステでの毛穴ケアは、自宅ケアと比べて効果が絶大です。
1度で見てわかるほどの改善が感じられますし、何度も通うことによって肌全体が変わります。

 

 

私が見てきた中では、クレーターでボロボロだったお客様が、約1年後の結婚式では毛穴カバー下地でほぼ何もなかったような美肌に見えるところまできれいになっていました。

 

 

ただ、エステは化粧品以上に慎重に店を選ぶ必要があります。
デメリットとしては、様々な面で手軽ではないというところだと思います。

 

 

きれいな肌になるために良いエステティシャンは生活指導もしますし、お客様ととても密な関係を築きます。
案外、「寝ていれば気持ちよくしてもらって、いつの間にか毛穴がなくなってた~」というものではないかもしれません。

 

 

店に足を運ぶ必要があるのも、デメリットだと思います。
金額的には、案外最近では手軽になっているので、拍子抜けする人も多いかもしれませんね。

 

<金額の目安>
1ヶ月・・・7,000~

 

 

 

現在私が継続している毛穴ケア

 

 

10代に入ってすぐから毛穴の悩みと付き合ってきた私ですが、幸運なことに、エステティシャンという仕事やたくさんのお客様に出会うことによって、現在では「肌ツヤツヤ!」と言われるまでに回復し、維持しています。

 

 

そんな私が今現在も続けている毛穴ケアは
・食事改善
・週一回、美顔器での毛穴洗浄
・エステでの定期的な光ケア
の3つです。

 

 

すでに食事改善は特別なことではなくなっているので、実質は2つかもしれませんね。
今はニキビや毛穴を気にせず、化粧品は好きなものを使っています。

 

 

必死になっていろんなケアに手を出したこともあり、もちろん失敗も何度も経験しましたが、そんな私の経験が、全ての女性を毛穴の悩みから解放できたらとても幸せです。
このサイトですべての毛穴情報を出し切りたいと思っていますので、一緒にきれいになりましょう!

 

 

エステ 東京

このサイトについて

 

このサイトについて

自分自身、見たこともない

最高の肌を実現するための

情報をお届けします!

 

プロフィールはこちら

肌ナチュール リッチモイストクレンジングでのメイクの落とし方

濡れた手でも使用することができて

入浴の際にメイク落としが可能!!

1本あるとかなり重宝する商品です。

詳細はこちら>>

 

step1 クレイウォッシュ動画洗うたびにキメの整った肌へ

クレイウォッシュ>>

 

 

step2 10-YBローション動画うるおいと弾力を与え、

たるんだ肌にハリを与える

10-YBローション>>

 

 

step3 Cセラム動画酸化を防いで、内側から引き締める

Cセラム>>

 

 

step4 QuSomeモイスチャーゲルクリーム動画保湿で肌を守り、

長時間うるおいが続く

QuSomeモイスチャーゲルクリーム>>

 

 

カテゴリー